武田流中村派合気道とは

現在当流派で行われている合氣道は、武田流合氣之術の流れを現在に受け継いで いるものです。

 

そもそも合氣之術は、日本古来の武術で太祖を日本武尊、始祖を新羅三郎源義光 とし、甲斐の国武田家に代々伝えられ、門外不出の技とされていた武術です。景行 天皇の皇子日本武尊が熊襲征伐に行く途路、筑前の神代の滝で"禊の行"をとり自得した技法に始まるとされています。

日本武尊は、これを一子武田王命に宮廷守護 の武術として伝え、後に清和天皇の第六王子貞純親王から長子経基を経て源氏へと伝承されてきました。その後さらにこの武術に新羅三郎源義光が、実戦をもとに研究改良し、義光の第ニ子義清が甲斐に武田姓を名乗った折、家伝武術として授けたもの でした。

この後に武田流合氣之術は、天文10年、武田信虎がその子、武田信玄に 追いつめられた時に、駿河の今川義元を頼った際、信友の長男、武田勝千代に伝授、 後に勝千代が九州に渡った折り、筑前黒田家の食客となり、同地に秘伝を伝え、密か に継承されてきたものと言われています。

 

第41世武田忠勝宗家の代に、その当時九州博多に拠点を置いて活動していた玄洋 社の壮士らが修練する武術として取り入れたのを機に再び世に出ることになり、第42 世中村吉翁宗家、そしてその元に入門し、その後第43世宗家となった大庭一翁氏の時 に“合氣之術”とも“武田流合氣”と称し、世の中にも知られるようになりました。

またこうした経緯を得ているためか第42世中村宗家のもと大庭宗家と一緒に稽古をさ れていた方々の中には、"内田良平"氏、"中野正剛"氏、"宮川一貫"氏といった、明治 から昭和初期といった激動の時代に生き抜いてきた政治家の面々の名前も見られます。 彼らは柔道にも精通しており、内田良平氏は、福岡の地に講道館柔道を広めた人としても有名。そうしたつながりもあったためか、中村宗家の元には様々な武道家が出入りしていたといいます。

武芸流派大事典(綿谷雪他編)によると、その当時、第43世の大庭宗家は、武田流 とは別に、他にも九鬼神流、方円流、神刀流の免許も受けていらっしゃったようです。

 

武田流合氣之術系譜

武田流合気の系譜の資料として残っているものが比較的少ないため、集めうる資料 をもとに系譜を整理してみました。

 

(参考資料: 武芸流派大辞典/S44.5.15/新人 物往来社発行 ほか)

現在の宗家、中村久先生が、戦後程ない昭和25年に北九州市小倉区にあった第43世大庭一翁 宗家の道場に入門、外弟子3年を経て内弟子になったそうです。当時の宗家大庭先生は 武道振興のため東京にも進出しており、世田谷区松原町で武田流本部道場「聖武殿」を 設立しておられました。昭和31年の秋、聖武殿の当時の師範代であった森本師範が、家庭の事情で帰省を余儀なくされ、変わって現在の武田流中村派中村久宗家が派遣されたそうです。しかし数年後大庭宗家が他界したのを機に、当時の聖武殿もついには落日を迎えることとなったようです。

こうした折、何とか武田流の火を消すまいと昭和36年に、当時師範代であった中村宗家は新宿の柔道場を借り、武田流再建に向けて活動を再開。同年12月に立教大学に 合氣道同好会が誕生、そして翌年5月には日本大学合氣道同好会も誕生し、現在の中村 派の流派としての形が整い出しました。

 

昭和38年には、立教大学と日本大学の合 氣道同好会を中心に「日本合氣道連盟」を設立、現在こそいろいろと見られるようにな っていますが、昭和39年には、当時としては全く異例とも言える試合形式を取り入れた 第1回合氣道優勝大会を開催するまでに至りました。以来続いていた合氣道大会も40回 を越え、昨年(2004年)には第41回を数えるに至りました。

現在、合氣道を中心に、居合道、柔拳法、杖道などが各道場及び各団体で行われて います。変わったところでは、手裏剣術や手木術などといったものもあります。当流派の特徴は、合氣道だけでなく、柔拳法をはじめ居合道や杖道などにも試合があることで す。昇段審査も、まず試合によって、勝ち点を得て、勝ち点及び試合への参加点が規定 に達して初めて、型の審査を受験できるという方法をとっています。

 

合気道の場合には、 試合方法も綜合乱取試合と捕技乱取試合の二つの方法があり、受験者が選択するように なっています。

 

 

当流派の大きな特徴は「試合」にあります。合気道だけでなく、居合道や柔拳法、 杖道などで試合が行われています。試合のいいところは理に適った技の習得が可能なこ とでしょう。また悪いところはどうしても強引に力づくになりがちなところでもありま す。試合の実施については賛否両論あるのでしょうけど、当流派では形審査だけでは、 どうしても形にこだわりすぎて理に適った技の習得ができないなどという点から試合を 実施しています。もちろん試合があっても形審査は別に行われていますので、試合だけ できても形審査もパスしないと段の取得は不可能となっています。 

                                       (サイバー綜武館)